鍵に関連した専門用語が満載された情報サイト

川崎市で鍵屋の修理隊

鍵に関する専門用語リスト:メカニカルキー・面付箱錠・面座

鍵屋の修理隊

用語一覧

メカニカルキー
「メカニカルキー」という言葉は、一般的にコンピュータのキーボードにおいて、メカニカル・スイッチを使用したキーボードを指します。これらのキーボードは、通常の薄型のメンブレンキーボードとは異なり、メカニカル・スイッチと呼ばれる独立したスイッチを各キーに搭載しています。
メカニカル・スイッチは、キーを押したときに物理的な反応やクリック感があり、タイピングの正確性や快適さが高いとされています。また、耐久性も優れているため、長期間の利用に適しています。
これらのキーボードは、特にタイピングの頻度が高いユーザーやゲーマーに人気がありますが、他のユーザーにも好まれることがあります。



面付箱錠
「面付箱錠」とは、建物やドアなどの出入り口に取り付けられる、特定の部分(面)に取り付けられるタイプの錠前のことを指します。
一般的に、ドアやゲートなどの閉じるための構造物に設置され、施錠することで不正な出入りを防ぐ役割を果たします。面付箱錠は、ドアの表面(面)に取り付けられるため、取り付けが比較的簡単であり、一般家庭やビジネスの施設などで広く利用されています。
面付箱錠の種類や仕様は多様であり、機能やセキュリティレベル、耐久性などが異なります。また、電子式のものやキーシリンダー式、コンビネーションロックなど、さまざまなタイプが存在します。選択肢は、用途やセキュリティの要求に応じて適切なものを選ぶことが重要です。



面座
「面座(めんざ)」は、錠前や鍵の構造の一部を指す言葉で、特に日本で使われる鍵や錠前の部品の一つです。
面座は、錠前の一部で、鍵が挿入される穴(孔)やその周囲の部分を指します。鍵を差し込むことで錠を解錠したり、施錠したりする役割を担っています。面座の形や構造は、鍵や錠前の種類によって異なります。
日本の伝統的な和風建築や古い建物には、面座を持つ錠前が多く使用されています。これらの錠前は、木製や鉄製の建具に取り付けられ、鍵を差し込むことで施錠や解錠が行えます。


取扱いメーカー一覧


鍵の総合サポート受付
copyright©2019 鍵屋の修理隊 all right reserved.